デザインで選ぶか使い勝手で選ぶか|メンテナンス

2011/8/26

外構もデザインも良く使い勝手も良くといいどころ取りができればいいのですが、敷地に応じても変わって来ます。

良く曲線の門袖壁をつくりますが、狭い敷地でつくるとデットスペースができて使い勝手が悪くなる場合もあります。その場合は、互い違いの壁を作ったり、化粧ブロックや塗り壁・タイルなどで色や素材でアクセントを付けるといいかもしれません。

対処方法は色々ありますが、逆に今は良くても後々使い勝手が悪くなる場合もあります。お子様が産まれて、オープン外構だと飛び出て危ないので、アコーディオンなどのゲートを付けたいと言う要望はよく聞きます。

それと同じで、デザインに凝り過ぎメンテナンスが大変だったりします。

外構の工事のコストもデザインに凝り過ぎるとお値段も上がります。ブロックや塗り壁だけでは見た目がよくないので、デザインに凝るとどうしても植栽は不可欠になります。

この植栽が将来大きくなりすぎてどうしょうもないので切って下さいというお問い合わせもあるのですが、手入れ無しでは綺麗なデザインを保つこともできなくなってしまいます。

逆にアンティーク風ですと、長年経て来ると味わいが出てくるので逆に良くなります。今はシンプルモダンなどが流行っていますので、白い壁にスリットなどの竪格子など使用するので、メンテナンスをしないと何年か後には目もあてられない状態になります。

外構工事をするとどうしても、雨風や排気ガス・紫外線にさらされて汚れたり劣化してきますので、どうしてもお手入れが必要です。本当に、一生メンテナンスフリーの外構ができればと思います。

デザイン性を選べばコストが高くつきますが、メンテナンスをすることにより長くきれいにお使いいただけるので後悔しない外構を応援させてもらえばと思います。

無料相談受付中

ヒートアイランド現象を抑制する外構商材その2

2011/8/24

前回も紹介したヒートアイランド現象を抑制する外構商材の続編です。

こらから紹介するブロックメーカーは「マチダコーポレーション」の商品でご紹介いたします。

Mペイプ保水性

外構商材

この商品は、大きさのタイプが他の商品よりあり、色々なバリエーションが楽しめます。色合いも18色と多くどんな外構スタイルにもあわせれるカラーが魅力的です。

受注生産の物もあり、最小使用数が10㎡以上頼まなければいけないので注意が必要です。

 

 

 

保水性の特徴として、保持した水分が蒸発するときの気化熱冷却により、路面温度上昇を抑制する機能をもつ舗装用のコンクリートブロックです。アプローチや車庫と言ったところに使うと良いと思います。それから、水溜まりの発生やスリップも抑制し、打ち水効果によりヒートアイランドを抑制し、環境にやさしい外構商材です。

グラニット保水性平板

環境を考えた外構商材

天然石の持つ自然な味わいと色味を抑えた高級感は、アプローチや車庫を華やかにしてくれます。

保水性の機能は上記商品と変わりはありません。

パブリックスペースにお薦めの外構商材です。

 

 

 

今回もほんの一部の商品をご紹介いたしましたが、このメーカーではアルティマテクノロジーと言う独自の技術により、エフロレッセンス(白華)防止効果があり、セメントの一部をアルティメントに置き替えるため、CO2排出量を大幅に削減することにより環境保全に努めています。

これからも環境を考え、次世代のことも考えた外構商材を作って行ってもらいたいものです。

建物外観に合わせた外構スタイル

2011/8/23

外構のスタイルを考えるのは、建物を建てる時から始まっています。建物の外観を考えるのといっしょにどんなスタイルにるか?

アンティークスタイルやシンプルモダン・ナチュラルモダンにしたいので、建物の外観をそのスタイルに合わせたりと考える事がいっぱいあります。

良く建物が決まったので安心し、いざ外構を考える時に、こんなスタイルにしたいと思っても建物と全然合わないと言うことがよくあります。

だいたいは、建物外観に合わせて色合いやスタイルを決めていきますが、その逆で対称的な色合いでプランニングすることもあります。

ですが、せっかく高い買い物をするからこそ、後からこういう風にしておけばよかったなど後悔したくないものです。そう言っても建物のことで頭がいっぱいで考え付かないと言う事もありますので、建物を建てようと思った時に下準備をしておくのも大事かと思います。

 【まとめ】

まずは、建物を建てると決めた時から下準備を!

建物の外観といっしょに外構スタイルを決める。

後で後悔しない為にも、準備を万全にし良い生活空間の実現をしてください。そのお手伝いなら喜んでいたしますのでご相談ください。

レトロ照明|エクステリア館限定販売

2011/8/22

エクステリア館にてネット通販特別価格にて販売中の照明です。

玄関まわり(門柱)など屋外で使用できる防雨型のレトロな照明です。

材質は、真鍮+ガラス素材です。
真鍮ならではの、年数経過に伴う色合いの変化が魅力的です。
クリア球も付属していますので、電球を買う手間もはぶけお得な価格になっています。

懐かしさを感じさせられる一方、新しさも感じられるレトロモダンな照明は、住まいの中でももっともパブリックな空間を演出します。

レトロモダンな灯りは、来訪者を暖かく出迎えてくれ、個性的な玄関まわりを効果的に演出してくれます。夜だけではなく昼間も、存在感が目をひくインパクトがあります。

ランプやガス灯を思わせるレトロなデザインが魅力の門灯照明です。外構の門柱や住宅の玄関照明にレトロな照明はいかがでしょうか?

この商品は、アメリカでデザインされ中国で生産されています。デザインはアメリカの老舗メーカーで行っています。組立て検査は最終的に日本で行われていますので安心してご使用できます。
もちろん、日本の基準を満たされた照明です。

外構に取り入れてインパクトのある照明を取り付けるのもいいですね。

※輸入しただけの類似商品は、PSEの認定がなく発火の恐れもあり、日本では販売してはいけなく法律上罰せられます。

ネット通販エクステリア館でのこの商品の販売ページはこちら⇒レトロ照明販売

プラスGでつくる、テラスの空間

2011/8/21

リクシル|TOEXの「プラスG」のご紹介。

プラスGはアイデア次第でライフスタイルはもっと広がります。
組み合わせ方も色々あり、アルミ形材色、落ち着きと風合いのある木目調からフレームを選ぶことができます。スタイルもモダンも和風もスタイル自由自在にすることが可能です。

プラスGで憩いの空間

写真は縦格子ですが、光を通すクリアマットパネルのスクリーンにすれば、なお一層のプライベート空間を保つことができます。シンプルなテラスから、Gスクリーンを組み合わせた、オリジナリティの高いテラスをつくることができます。

プラスGは用途に合わせた空間を実現でき、休日のリゾート気分を味わう感じやテラスでの憩いの場をつくることに適しています。

ただのテラス屋根ではなく、スタイリッシュ・モダンなスクリーンや格子などでアレンジし、見た目も使い勝手も良いエクステリアにできると思います。

また、テラスでゆったりとしたお茶を飲んだり、家族でゆっくりと憩いの場としても取り入れ休日などゆっくりしてみる場所もいいものですよ。

自分で思い浮かべたお庭や門構えにすることのできるオリジナリティー溢れるエクステリア商品はいかがでしょうか?

外構打ち合わせは早めに行いましょう

2011/8/19

今日は、一時的に激しい雨が降り外構現場も途中で中止になりましたが、明日も天気が良くないのですが涼しく過ごせるのでたまにはいいのかと思います。

なぜ、外構の打ち合わせを早めに行うのには分けがあります。なぜかと言いますと、給排水設備の枡や配管などがあると予定していたイメージ通りの外構ができなくなってしまうからです。

後からここに門柱を取り付けたりブロック塀をしたいと思っても、配管や桝が邪魔をして出来ないと言う事もあり、配管や枡などをズラスのにも余計な費用が発生してしまいます。無駄な予算を取られない為にも早めの打ち合わせは必要です。

打ち合わせは、建物を建てる仕様が決まり配置なども決まったら準備を始めるのがもっとも理想的だと思います。

そうすることで、外構のイメージもゆっくり決めることができ、門扉などの配置により給排水設備の位置なども建築会社の方にお客様から、外構のイメージを見せる事で配置を考えてもらえます。

何事も早めにすることにより損をすることはありません。逆に徳することの方が大きいと思いますので、お早目の外構打ち合わせをお薦めいたします。

※理想の外構工事をする為にも下準備が大事

スタイルコート|ガレージリンビングの新空間

2011/8/18

LIXIL|TOEXのエクステリア商品「スタイルコート」のガレージリンビングの新空間のご紹介。

愛車を守るだけのガレージだけではないのがスタイルコートです。
スタイルコート

 

 

 

 

 

 

 

 
ガレージ側面の折戸が全開するため、いままでになかった閉鎖的な車庫でしたが外とつながり開放的なもう一つのリビングになります。リビングとして向上させる木目調の天井や内装までが揃ったもう一つの新空間を実現したガレージです。

ガレージ(車庫)

折戸パネルも採光性と目隠し効果を兼ねそろえた、UVカット機能をもつすりガラス調のポリカーボネート板(2mm厚)のパネルです。従来の車庫ですと、中は暗いと言うイメージがありますが、この商品ですと採光と目隠し効果が得られるのでお薦めです。
天井部分にも透明ポリカーボネート折板で採光窓を取り付けできるのが魅力的です。

換気扇や上げ下げ窓のついた扉なども取り付けられ、電動シャッターも可能です。シャッターと言えば音が気になりましたが、静かでスムーズな動作で、安全性も障害物を感知すると反転上昇後停止する安心設計です。

スタイルコートは、開放感あるテラスや憩いの場として新感覚のいままでになかったガレージです。少し価格帯がこだわっているだけあってお高いところが欠点ですが、ガーレージだけでお家のイメージがガラッと変わるのでお薦めいたします。

理想の外構をめざして

2011/8/15

理想の外構をめざすには、建築が決まってから雑誌などでエクステリア・外構などのスタイルなど家に合ったものを選ぶのが一番簡単ですが、雑誌通りに作ると高額になります。

やはり、掲載するのあたり見栄えのするものを載せるのでかなりの予算をご用意する必要が出てきます。だいたい300万から400万ぐらいの予算だと思いますが、雑誌などはご参考までにするのが良いと思います。

家の配置などにより、ゾーニングといい、家の間取りを考えるのと一緒で駐車場スペース・アプローチ・ガーデンスペース・エクステリア商材などの場所をだいたい決めます。

その後に、雑誌などを参考に簡単なスケッチをします。そうすることで、外構の打ち合わせなどもスムーズにいき理想のプランが出来上がります。予算などにより施工するかしないかを決め削っていくのですが、将来後から出来る部分から削るのが一番理想的です。

もし、イメージなどが考えつかずどうしたらいいかわからないと言う事もあると思いますが、当社では外構図面を作成しておりますのでご相談下さればご対応いたします。ですが、こういった場合、打ち合わせにかなりの時間をようする為、スタイルなどあらかじめだいたい決まっていれば一番良いと思います。

テレビなどの番組で良くやっているのは人件費などがまったく含まれておらず、良く某番組の通り格安でできないのかと質問がありますが、まず「出来ません」と答えることしかできません。

あくまで理想通りの外構を作ろうと思うと予算的にはかかるので、建築計画時に外構予算も多めに取っておくことをお薦めいたします。

ヒートアイランド現象を抑制する外構商材

2011/8/11

現在、ゲリラ豪雨と呼ばれる一時的な大雨で一部の地域しか発生しない現象が起きていますが、東京などのビル群など屋上緑化や風の流れのある所に植栽などして、暑い空気を涼しい風に変えるなど対策が必要だと思います。その中でも個人でできることは?・・・を考えるのも必要なのかと思います。

そこで、外構でもヒートアイランド現象を抑制する商品がありますので、その一部をご紹介いたします。

今回は、ブロックメーカーのエスビックの商品でご紹介します。ただのコンクリートだけではなく色のついた平板などがあります。

「パラレル」について

パラレルのご案内

このパラレルの中にもタイプがあり、標準タイプ・透水性タイプ・保水性タイプの3種類ありますが、保水性タイプがヒートアイランド現象の抑制効果があります。どうしてかというのは、次の商品説明でしますが、パラレルは表面に凸凹があり、辺に均等にスジが、平行に入った「イーブン」と斜めに入った「スラッシュ」の2タイプあります。光と影で見る角度や時間によってさまざまな印象を与えてくれる外構商材です。

 
もう一つが「ロシェ・アクア」という商品があります。

ロシェ・アクアのご案内

高い吸水性と保水性で蓄えた水分が蒸発するときの気化熱放出で、ヒートアイランド現象を抑制して、路面を涼しくキープしてくれる商品です。

 

 

このような、保水性を高めた商品も出てきていますので、打ち水効果も長続きし、ただのコンクリートやアスファルト舗装だと夏場は暑苦しくなるだけです。自分達にできることを考えるとこのような保水性の高い外構商品を使用することだと思います。

今後も、次世代につなげていけるように、環境に対するより良い外構商材が出てきてほしいものです。

地球環境にやさしいエコリスミドルーフ

2011/8/10

TOEX/㈱LIXILのエクステリア商品「エコリスミドルーフ」のご紹介。

スタイルコートのの屋根を有効活用させた緑化スペース作りできる商品です。
緑化して地球環境やヒートアイランド化に役立つスペースをカーポートの屋根で実現することができます。それと、スタイルコートの内部の気温上昇を抑えたり、2階からの眺めも緑があることにより安らぐことまちがいなしです。

ミドルーフ

緑化トレイを敷き詰めて施工します。

ミドルーフの推奨植栽例の一部を紹介します。

耐寒マツバギク・ツルマンネングサ・シバザクラ・リュウノヒゲ・這性ローズマリーなどがありますが、その地域により可能なものは変わります。

状況に応じて水やりが必要になります。

 

 

植物の発育に優れた緑化トレイの構造

緑化トレイ

やはり、屋根の上なので、軽量化されたものや、毎日の水やりを考えた保水性を考慮した構造になっています。

施工方法

並べて固定するだけの簡単な工事で済むので短期間で完了します。
簡単施工で緑の屋根に早変わりし、ヒートアイランド現象の効果もあり地球環境にやさしいのでお薦めいたします。

組み合わせにウォールメッシュパネル(エコフェンス)をすれば、緑化壁面もでき緑に囲まれた快適空間ができます。やはり、緑の森のような空間は心休まるものですよ。

エクシオール暖蘭物語|ガーデンルーム

2011/8/8

TOEX|㈱リクシルのエクシオール暖蘭物語が発売より11年の時を経て新たにリニューアルしました。

少しでも長い時間を過ごしたくなるような、あこがれのガーデンルームです。
ナチュラルからスタイリッシュなモダンスタイル・イングリッシュまで幅広い色合いでお庭を彩るエクステリアアイテムです。

ガーデンルーム

上記写真は基本タイプですが、これ以外に仕様があります。
腰壁タイプ・インナーデッキ仕様があり、お好きなパターンで施工が可能です。

夏場の日差しを和らげる内部日よけやカーテンレール・収納納戸など季節に合わせて、暖蘭物語をもっと過ごしやすくするオプションアイテムが充実しています。居住性の高いガーデンリビング空間をよりグレードアップさせます。

エクステリアアイテムでより居心地がよくリラックスできるガーデンルームは、本当にあこがれですね。エクシオール暖蘭物語の特徴は全面フルガラスで開放感があり庭と一体感があり、建物の中から見てもつながっているように錯覚します。絶対に心癒される空間になることはまちがいないと思います。

暖蘭物語で家族が集うもう一つのリビングにするのもいいものですよ。

オリジナル外構スタイルを考える

2011/8/4

今日はいきなりの集中豪雨がありびっくりしました。また、明日も注意が必要ですね。

オリジナルティー溢れる外構スタイルはいいものです

外構工事のスタイルはおおまかに2種類のオープン・クローズと言ったものがあります。
その中でも、無機質で白と黒を基調にしたシンプルモダンや自然素材を取り入れたナチュラルモダンなどの外構スタイルがあります。特に今はやりがこの二つですが、これ以外にも多数のスタイルがあります。

スタイル名を誰がつけたかはわかりませんが、自分でオリジナルなスタイル名を考えるのもありかと思います。人それぞれ感性など違いますので、その人自身が思った名称でいいのではないかと思います。

和洋折衷と言う言葉があるように、それぞれを組み合わせて良い所取りをしてもいいかもしれません。外観が調和する合わせたスタイルを取り入れればいいと思います。

最近よくご相談を受けるのがアンティークスタイルですが、長年経過した風合いにレトロな素材などを組み合わせたりと昔のスタイルが好まれています。良くお店でも昭和初期の面影を取り入れた所もあるように、ゆったりとした時間が流れるように心癒される空間なのではないかと感じます。

時代とともに変化していく外構ですが、自分で考えたオリジナルな外観にするのも良いものだと思います。外構は安い買い物ではなく、理想を追求すると予算もかなりアップしますが、納得するような仕上がりにしたいものですね。

節電効果を高めるテラス屋根

2011/8/1

快適空間を演出するテラスが格安

涼しい日が続いていますがこれからが夏本番になりそうな感じがします。

今回は、節電効果を高めるテラス屋根のご紹介です。
各エクステリアメーカーで販売しているテラス屋根がありますが、4月よりLIXLとなりエクステリア業界最大級になっていますが、統合されてほぼ生産拠点が集中し、カラーも統一されていますが名称もほぼ統一されていると思います。

屋根の素材は、ポリカーボネート・熱線遮断ポリカーボネート・FRPなどがあります。一番日差しを抑えるのが熱線遮断製の屋根ですが、欠点もあります。日差しの熱を低減するということは、その下に干す洗濯物も乾きにくくなり少しうす暗くなります。夏場はありがたいのですが、冬場は逆に困る点があります。しかし、光熱費を考えると熱線遮断が良いのかもしれません。

FRPの屋根は、きしむ音が低減でき、日差しを拡散してくれます。熱線遮断のテラス屋根もあり、屋根材の熱による伸縮のきしむ音を低減できるのでお薦めです。屋根材は透過度によっても素材が何種類かあり、今は三協立山アルミの商品ですと「カスミ」が一番人気になっています。

カラーは、ステン色・ブラック・ホワイト・ブロンズ色などがありますが、通常窓枠のサッシの色で合わすことが多いです。木目調が好きな方は、少しお値段が上がりますが、ラミネーターを貼り付けたタイプの木目調があり普通の木と違いメンテナンスフリーですので大助かり商品です。欠点的には、ラミネーターを貼るので直線タイプにしか使用できないということです。

三協立山アルミで言うとメニーウェルF型というタイプです。もう少し技術が進めばR型の屋根が丸くなっているタイプにも使用できないかと思います。エクステリア商品の進化を期待したいと・・・・・・・。

各メーカーの取り扱いをしていますので、是非当社にご相談ください。

エクステリアポスト(郵便受け)についてVo.2

2011/7/30

エクステリア館のデザインポストは激安でおとくですよ

前回に引き続きエクステリアポスト(郵便受け)についての続編です。

エクステリアポストでもメーカーによってはまったく同じ商品なのに商品名が違うなどと言ったものが数多くあります。ポストに限らずそう言ったエクステリア商品はありますが、実は製作しているメーカー元があります。そこからの仕入れ商品が名前を変えて出回っています。

品質も形状もまったく同じなので、価格帯も同じです。当社は、一部製造メーカーから直接仕入れをしているので外構工事の際に、お安くご提供することができています。

表札メーカーでも今年から表札以外の郵便受け(ポスト)を販売し始めました。表札だけでは経営が成り立たなくなっているのでしょうか?そのメーカーで仕入れている商品すべてが当社で直接仕入れているので、逆にそこで仕入れると全然高くなってしまいます。

やはり、会社が大きくなると経費もかかるのでその分高くなるのでしょう。当社は弱小外構屋なので、最小限に経費を抑えることができるので、是非皆さんも「エクステリア館」のネット通販をごらんください。

話がそれましたが、エクステリアポストにも種類があり、壁掛けタイプ・埋め込みタイプ・スタンドタイプ・機能ポールタイプなどがあります。最近は、壁掛けタイプが人気がありデザインにこだわった商品が沢山あります。

しかし、ステンレス製が一番高くなり、アルミ・スチール製の方がお安くなっています。良くスチール製が錆やすいと聞きますが、塗装技術の向上でメンテナンスしていれば大丈夫です。逆に安心して何もしないステンレス製の方が逆に心配かもしれません。

なぜかと言いますと、逆に何もしないで放置する可能性が高いからです。ステンレスは錆びにくいだけで、絶対に錆ない素材ではありません。もらい錆などで錆びることもありますので、清掃は必要ですので皆さんも気を付けてください。

デザインポストの機能はメーカーによってそれぞれ違いますが、指を挟まないようにソフティクローズ機構がついているポストがお薦めです。ソフティークローズは、開口部にダンパーがついており、一定の場所からゆっくりと自動的に閉まる機能のことをいいます。

特にお薦めのデザインポストはクルムというポストです。これも、当店運営のネットショップ「エクステリア館」で激安販売しています。宣伝になってしまいましたが、一番気に入ったポストを皆さんもさがしてみてください。

エクステリアポスト(郵便受け)について

2011/7/29

最近の外構ではオープン外構がもっとも多くなってきましたが、それに伴いエクステリア商品も
それに対応したものがおおくでてきました。

その中でも、必ずと言っていいほどポストを使うので住宅外観に合わせる多種多様なポストが
あります。特にオープン外構では、デザインにこだわったポストなど壁掛けタイプが良くつかわれ
ています。

ポストの材質は、スチール・ステンレス・アルミ素材やガラス繊維セメント強化材で作られたもの
もあります。特にスチールは錆びやすいと言うイメージがありますが、塗装技術の向上とともに
長年安心して使えるようになっていますが、ステンレスもそうですが、もらい錆や排気ガスなど
で汚れや錆が出る事もあるので、いつまでも綺麗にするにはメンテナンスは必要になります。

価格帯では、安い物で5000円ぐらいからあり、高い物ですと10万円ぐらいになります。最近
(結構前から)中国産やアメリカ産などの輸入物がありますが、低コストで抑えたポストでは、も
ともとへこみがあったり普通より塗装むらがあったりがあります。中国産のポストが安いと思われ
がちですが、マメリカ産のものも安いものがありますが、かなりの低品質で、こんなのを売っても
いいのかと思うものもあります。

長年使い続けるポストだからこそこだわりを持ちたいですね。
で、価格帯でいけば1万円台後半からのものがもっともハズレがなく、機能的にも充実しています。
安かろう悪かろうでは、後々後悔するので、値段だけではなく機能とデザインでエクステリアポスト
をお選びいただければと思います。